元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【気になる英単語】「あじさい」って英語でなんと言う?素敵な由来。清水健二先生の、「語源」の本が面白い。

 

ぽんぽんと、つい触りたくなるような丸くて ボールみたいな紫陽花。

勝手に「Ball Flower」と呼びたくなります(^^)。

 紫陽花は、英語で「hydrangea」。

 

f:id:bluedaisyday:20210703114403j:plain

 (頑張ってお絵かきしてみました↑)

 

Concise Oxford 英英辞典を参考にすると、

 

ギリシャ語が語源で、

hudro(ギリシャ語)➡hydr=water(水)

angeion(ギリシャ語)➡angea=vessel(器)

 

つまり、

hydr+angea で、「水の器」。

 

なんだかキラキラして綺麗な名前ですね~。

 

(それに比べると、ball flower は単純すぎると思いました。)

 

 

hydrがつく単語、他にないかしら?

 

そうだ!

 

hydrogen!

 

これは、「素」。

 

hydrogen. 

 

hydrogen. 

 

hydrogen. 

 

hydrogen. ......

 

何度も言ってみたら、語呂合わせを思いつきました。

 

そして3コマ漫画を描いてみました。

 

f:id:bluedaisyday:20210707202054j:plain 

 

f:id:bluedaisyday:20210707202202j:plain

 

f:id:bluedaisyday:20210707202231j:plain

 

「ハイ、泥、じゃん!」(水素)

 

これで通じるかも。

 

だって、「掘ったイモ、いずんな!(いじるな)」で、

 

What time is it now? と理解してくれますからね。

 

だから、もう一度。

 

「ハイ、泥、じゃん!」(水素)

 

我ながら素晴らしい語呂合わせ♡

 

いやいや、いけませんよ、単語を覚えるときに、イチイチ語呂合わせを考えては。

 

でも、つい、思いついてしまったもので、載せてしまいましたよ。

 

 

 

さて、気を取り直して、他にhydrが付く単語を見てみましょう。

 

水素自動車は、、、、、?

 

そうです。

 

hydrogen car

 

(そのまんま)

 

 水素スタンドもこれから増えるのでしょうね。

 

あとは、

 

hydrate(体内に、水溶液を入れる)

 

これに、反対の意味にする「de」をつけると

 

dehydrate (脱水する、乾燥させる)となります。

 

この単語、どういうときに使うかというと、、、

 

例えば、

 

夏になってグランドで運動、汗をたっぷりかいてるけれども

水を飲まない、すると、頭痛、吐き気、色んな症状が、、、、!

 

そのときの状態が、、、、

 

dehydrated

 

み、、、水が足りない、、、、。

 

そう、あなたは、脱水症状

 

この中で、dehydrated が使われています。

👇

脱水症状にならないように、水と塩分の補給をお願いします。って英語でなんて言うの? - DMM英会話なんてuKnow?

 

このお魚も、dehydrated👇

 

 

ついでに、英語のページで役に立ちそうなものがありました👇

Dehydration: 9 symptoms to be aware of - TODAY

 

語源について書かれたこんな本があります👇。

 

 

 これ👇なら楽しく読めるかもしれませんが、でも、今のお子さまたちは何かとお忙しい。「語源」などしているヒマはないのかもしれません。

(ちなみに、私が興味を持ち始めたのは、20代後半)

 

 

 

 

これは、ベレ出版は、データベースが豊富です。内容は濃いものになっているでしょう。

 

 

語源、

単語の前についてる英語、

単語の最後についてる英語の特徴を知ることで、

英単語を理解しやすくなります。

 

そうやって英語を見てると、さらに楽しいな! と、私は思います。

 

 

こちら(↓)も覗いてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 そこまで高額な教材はいらない、やってないよりは、やっていたほうがいい!と思う方は、小さい頃はこれで遊んで👇、

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

そして小学生からは、チャレンジイングリッシュ、という流れが、英会話学校にはいかないけど、英語に触れさせたい、という場合に良いかと思います。

 

 

以上です。