元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語絵本】「Draw Me a Star」Eric Carle 「おほしさま かいて」エリックカール作 aとthe の違いが分かる

 

こちらです。

 

【対象】

3才から大人まで

 

【英語の特徴】

1ページ1行から5行。

動詞はdraw, drew, said が何度も出てきます。

自然界の単語は、star, the moon, the sun など。

 

〇aとthe の違い

 

最初に、Draw me a star. という英文があります。

 

その英文のとおりに、星が描かれました。

 

次に、その星がしゃべります。

 

「Draw me the sun, said the star.」

 

最初は、a star だったのに、次に、the star になったのは、

 

a は、どれでもいいからとにかく1つ、

だから、

a starは、どんなものでもいいから、一つの星

 

一方、

the は、言うほうも聞く方も、分かってるもの、

だから、

the star、その描かれた星のこと、

 

になるからです。

 

the は、他にも、一つしかないものにつくので、

太陽も、月も、最初から、the sun, the moon です。

 

音的にも、aはやんわりしていますが、the は摩擦音がはいって、より強い感じになって、

 

どれでもいいや~、ではなくて、

 

決まってるそれのこと!という、強い意志みたいなものを感じます。

 

想像するに、、、、、

 

「あんた、そっちじゃなくて、ほら、それだよ!そ・れ!

 

と、相手の注目を得るためにも、

 

ボヤっとした音ではなくて、

 

ザザザザ~、ジジジジジ~という強い摩擦音を、人間は作り出したのではないかと勝手に想像してしまいます。

 

この、あの、というthis, that にも、同じように摩擦音があります。

 

 

(お子さんに説明する必要はなし!「ふっふっふ。坊や、良~くお聞き。aというのは不定冠詞といってね、任意に一つ選んだものにつくのよ。それでね、、、」なんて言われたらおっそろしくて逃げてしまうでしょう。)

 

〇単数と複数

 

1つしかない場合は、cat, dog, ですが、

2つ以上ある場合は、flowers, clouds とsがついて複数形になっています。

 

 

学校英語が始まる前に、

感覚で、沢山英語に触れていると、身体で覚えることができると思います。

 

(中学では、複数形を習いますが、sをつけるパターン以外にも色々あって、それを覚えなくてはいけないので、それだけで、嫌になりそう(^_^;)。

 

だいたい出てくる単語は決まっているので、そのままガツンと覚えてしまったほうが、y のときは、y をとって、、、とかいう決まりを覚えるよりいいと思います。)

 

他に、エリックカールさんの作品は色々あります。

 www.english4kids.jp

 

www.english4kids.jp

 

From Head to Toe

From Head to Toe

Amazon

 

 

 

www.english4kids.jp

 

こちら(↓)も覗いてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 そこまで高額な教材はいらない、やってないよりは、やっていたほうがいい!と思う方は、小さい頃はこれで遊んで👇、

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

そして小学生からは、チャレンジイングリッシュ、という流れが、英会話学校にはいかないけど、英語に触れさせたい、という場合に良いかと思います。