元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【クリスマス・英語絵本】「IS THAT YOU, SANTA?」読み聞かせ、単語探し、現在進行形、現在分詞、強調のdid、svocの文などの英文法。柔らかい色調で、眺めてるだけで癒される...。

こちらです👇

Is That You, Santa? (Puffin Young Readers, Picture Reader)

Is That You, Santa? (Puffin Young Readers, Picture Reader)

 

 

Is That You, Santa? (Puffin Young Readers, Picture Reader)

Is That You, Santa? (Puffin Young Readers, Picture Reader)

  • 作者:Margaret A. Hartelius
  • 発売日: 2018/10/10
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 

 


タイトル入れて見開き12ページあり、

右ページが絵で、

左のページに文章があります。

(個人的には、このサンタのお目めの表情が、おもしろい!)

f:id:bluedaisyday:20201212162115j:plain

特徴的なのは、左のページの文章の一部(名詞)が、絵になっています↓。

f:id:bluedaisyday:20201212162201j:plain


【対象】

 

右の絵をみて、単語が分かればいい、くらいで良しとして、
幼児から小学校低学年まで。

 

バイリンガルなら何歳からでも。

 

【使い方】

 

大人が、左ページの英文を1文ずつ読み、

こどもが、右ページの絵の中で、出てきた単語を探す。

 

または、ただ単に、

 

絵を指さしながら、単語だけ読んでみるだけでもよいかもしれません。

 

 

【内容】

サンタを待ちきれない男の子が、物音などで、「あ!サンタさんかな?」と思って起きてくるけど、違う、という内容を繰り返す内容です。

 

サンタが待ちきれない幼い子のいじらしさが伝わってくるので、大好きです。

 

この絵本👇みたいに、同じ文章を繰り返し使って、単語だけ入れ替えるという形式ではなく、ちゃんとストーリーあります。

  

www.english4kids.jp

 

【文法】

英語学習に文法は必要ないと思っていますが、学校の英語教育を受けてきてしまった大人にとっては、助けになるかもしれません。

 

動詞の現在形、過去形、進行形、未来形がが全部出てきます。

 

現在形だと、hear, says, go back

過去形だと、broke (過去形はこれ人tのようです。)

進行形だと、coming,

未来形は、will not

などです。

 

あとは、もう一つ、be動詞+動詞のing形をつかった文を解説します。

 

名詞を後ろから修飾する形です。

 

Mommy eating and watching TV という文は、

 

Mommy を eating and watching TV が後ろから修飾している形。

 

面倒くさいですね。

 

ですので、

 

ただ単純に、前から、英語の順番で理解したほうがいいです。


Mommy

 

何してるMommy?

 

eating and watching TV

 

食べたりテレビ見たりしてる

 

英語は英語の語順で理解しましょう。

 

ここまでが、「現在分詞」の説明でした。

 

 

そして!

 

ここから!

 

また!

 

もう一つ、文の説明しますが、

 

いらん!という方は飛ばしてください。

 

 

強調の意味の did です。

 

最後のページの文に、「なんでここでdid がくるの?」

 

というところに did があるんですが、

 

この did は、ホントにcome したんだね!

 

つまり、ホントにサンタは来たんだね!

 

ということになります。

 

 

 

色々説明してしまいましたが、

 

英文法の説明は、お子さんにはしないでください。弊害でしかありません。

 

これを読む大人向けに、ちょっと英文解説を私なりに説明してみただけです。

 

 

そして、しつこく、

 

最後に、もう一文だけ。

 

高校1年くらいでならう英文法ですが、英語話者なら幼児の時から使えます。

 

The wind blew the door shut.は

 

svoc の文です(うわー!やだ。英文法!という方は、飛ばしてください。)

 

s(主語) wind  風が

v (動詞)blew  吹いた

o (目的語)door ドア

c (補語)open  開いた状態に

 

意味が分かれば、訳さなくてもいいと思います。

 

例えば、

 

Keep the door open.という文も、

 

命令形なので、s(主語)はないですが、

 

v (動詞)keep  そのままにしとく

o (目的語)door ドア

c (補語)open  開いた状態に

 

の形の文です。

 

以上、文法のはなしでした。

 

 

その他クリスマス関係は、右のカテゴリーからご覧ください(*^-^*)➡

 

さて、

 

そろそろ何か始めなくちゃいけないかしら、とちょっとご興味のある方には、この中古をお勧めします👇。聞かせてるだけだったら子どもへの負担感も少ないかと思います。

 

使ってみての感想は、こちらに書きました↓。

www.english4kids.jp

www.english4kids.jp