元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語絵本・クリスマス】The Night Before Christmas(クリスマスのまえのばん)元祖クリスマス。サンタの服の色が赤じゃない!コロナ禍でもおうちで明るいクリスマス。

 (少し手直しして今年も更新いたしました。3805字です。)

 

クリスマスの絵本といえば、これ!

 

The Night Before Christmas ではないでしょうか。

Twas the Night Before Christmas: A Visit from St. Nicolas

Twas the Night Before Christmas: A Visit from St. Nicolas

  • 作者: Clement Clarke Moore,Jessie Willcox Smith
  • 出版社/メーカー: Houghton Mifflin Harcourt
  • 発売日: 1912/09/09
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

112行の英語の詩。

 

英語量は結構なボリュームです。

 

この詩のなかで、

 

soot という英単語に初めて出会いました。

 

なんだと思いますか?

 

答えは、

 

「すす」です。(英検でいうと1級レベルの英単語らしい、、、)

 

 

外国語として英語学習している幼児・小学生には、一部分だけでも抜き出して、聞いてみたり、音読などしてみるとよいかと思います。大人でも楽しめます。

 

こちらが(↓)、1912年、初めて出版された本です!

 こちら(↓)からご購入いただけます。kindle版もあります。

Twas the Night Before Christmas: A Visit from St. Nicolas

Twas the Night Before Christmas: A Visit from St. Nicolas

  • 作者: Clement Clarke Moore,Jessie Willcox Smith
  • 出版社/メーカー: Houghton Mifflin Harcourt
  • 発売日: 1912/09/09
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

こちら(↓)は日本語版です。kindle版のみのようです💦

それはクリスマス前夜のことでした: セント・ニコラスがやって来た!

それはクリスマス前夜のことでした: セント・ニコラスがやって来た!

 

 

ニューヨーク州トロイの「センティネル」という新聞に無名で発表されたのが最初です。

 

(ちなみに、1823年は、 勝海舟が生まれた年でもあります。さらに、勝海舟のお孫さんが、日本の女子医学会関連の会長さんをしていたよ、と知り合いのおばあちゃん内科医から、20年以上前に聞いたことがあります、トリビアにすらならない情報ですが、、、。)

 

著者は、クレメント・クラーク・ムーアとされていますが、本当は、彼の友人であるとの異説もあります(ウィキペディアより)ちょっと謎めいていてワクワク。

 

この英語の詩が、

 

クリスマスには、サンタがトナカイが引くそりに乗り、

空を飛んでやってきて、

煙突から入り、

プレゼントを置いていくよ~、

という定番のイメージを形成したようです。

 

(英語のウィキペディアでは、この本の原文が読めます。)

 

この英語の詩に、数々のイラストレーターがそれぞれに絵をかいて、それぞれに出版されているので、同じ内容で、違う絵の絵本が何冊も出版されていて、選ぶのが大変…!

 

でも、チョイスが多くて、逆に、選ぶのが楽しいかもしれません。

 

ちなみに、私が読んだのは、この2冊。

 

1冊目は、ターシャ・テューダーが絵を描いた絵本。

 

ターシャ・テューダーは園芸家としても有名で、彼女のライフスタイルを取り上げた本も日本で出版されています。

 

クリスマスの絵本紹介の前に、早くも寄り道!

ターシャさんについての本3冊↓。コロナ禍にある私たちに勇気と希望を与えてくれるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

ここで寄り道終了。

 

 さて、ターシャはこの The Night Before Christmas では、

暖炉の周りなど、ターシャ自身の家を描いてますね^^;。

少し暗い感じですが、柔らかく美しい絵です。

写真の絵本は2002年出版です。

(私が読んだのは、1999年出版で、表紙の絵が違います。)

 

こちらからご購入いただけます(↓)。

The Night Before Christmas

The Night Before Christmas

 

 こちらが日本語版です。こちらからご購入いただけます(↓)。

ターシャテューダー クリスマスのまえのばん

ターシャテューダー クリスマスのまえのばん

 

 

 

2冊目は、ウィリアム・W.・デンスロウが絵を描いたこちらの本。

サンタの服の色に注目

 

 残念ながら、英語版は、中古もない😿ようでしたが、とても個性的な本で、個人的な好み^^で紹介させていただきました。

 

日本語版は、こちらからご購入いただけます(↓)。

クリスマスのまえのばん (世界傑作絵本シリーズ)

クリスマスのまえのばん (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

その他、

 

小さいボードブック↓。絵は単純で分かりやすい。

The Night Before Christmas (Little Golden Book)

The Night Before Christmas (Little Golden Book)

  • 作者: Clement C. Moore,Corinne Malvern
  • 出版社/メーカー: Golden Books
  • 発売日: 2011/09/13
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

  

ポップアップ絵本↓

Pop-Up 'Twas The Night Before Christmas (Pop-ups)

Pop-Up 'Twas The Night Before Christmas (Pop-ups)

 

 

仕掛けが美しいです↓。kindleでは味わえない立体感ですよねー、しかけ絵本って。

2ページだけリンクからご覧いただけます。

それだけでもうっとりしてしまいます。

The Night Before Christmas (Classic Collectible Pop-Up)

The Night Before Christmas (Classic Collectible Pop-Up)

 

 

 

【この英語の詩の特徴】

 

「The Night Before Christmas」のどこが好きかと言いますと、

韻を踏んでいるところ(当たり前ですが)、そして、

②描写がおもしろいところ、です。

 

韻を踏んでいる

 

Saint Nicholas (サンタのモデルとなった人)を描写しているところで、

 

foot とsoot (すす)が使われていて、終わりの音が、共に(無理やり日本語で書くと、「ウットゥ」という)同じ音になるのです。

 

意味も通じさせると同時に、イチイチ韻を踏むように言葉を組み立てるって、すごいですよね!

 

②描写がおもしろい

 

特に私が気に入ったのは、サンタの 描写のところ。とてもユーモラスです(特に、ポッコリお腹の描写が面白い...。)

 

全体で、このような英語の詩が112行あるので、すべてを学習するのは大変。

 

【使い方】としては、

 

英語絵本は、大きくなってからでも読めるから今からお子さんにプレゼント?

 

または、自分へのプレゼント^0^?

 

そして、毎年、少しずつ読めるようになり、成長を感じてみる^^(なんたって、112行もありますから)。

 

②少し英語が読める場合は、例えば、

 

Aaint Nicholasの描写のところで、

 

mouth, snow, face, teeth, jelly など、読めそうな単語を探させてみる。

自信になります!

 

②映像を見ながら、聞くだけにする。

 

こちらのyoutubeは、かなりよいです。

読み手は、ペリー・コモ。

 

素晴らしい声で、この詩を読んでくれます。

 

youtu.be

 

スマホで音だけ流しておくだけでも、声が素敵なので、個人的には好きです。

 

ということで、今回は、

 

「The Night Before Christmas」についてでした。 

 

いい絵本を見つけたらまた更新するつもりです。

 

ちなみに、サンタさんを、疑いながらも信じているのは、近所のママさん達へのインタビューの結果、小学4年生くらいまで。その前に、見せておきたいわ、と思う方は、是非どうぞ^^。(終)

 

こちら(↓)も覗いてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com