元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語絵辞典】「えいごえほん百科ジャンプ」東京学芸大学附属大泉小学校 教諭 石毛 隆史先生監修 

 

またまた本屋で素敵な絵辞典を見つけてしまいました。

 

もし私が英語絵辞典を作るとしたら、絶対に載せたいと思っていた単語があったので、とても嬉しくなりました。

 

ムムム、先を越されたか!?

えいごえほん百科 ジャンプ (えほん百科シリーズ)

えいごえほん百科 ジャンプ (えほん百科シリーズ)

  • 発売日: 2018/11/22
  • メディア: 単行本
 

 


東京学芸大学附属大泉小学校 教諭の、石毛 隆史先生監修です。

 

さすが小学校の先生。子どものツボをよく心得ていらっしゃいます。

 


【対象】

小学生

 

【英語】
小学生レベルの英単語と、ちょっとした英会話。

詰め込むのでもなく、知ってる単語数を増やすのでもなく

自然に英語に少しずつ楽しみながら触れていこうという主旨の教材です。

 

音声ダウンロードもできます。


【特徴】

 

さすが小学校の先生が作ったテキスト、と思うのは、

選んだ単語が、子どもが大好きなもの、

子供がよく目にするものばかり。

 

普通の英語絵辞典にあまり載っていないような単語もあります。

 

例えば「花」のページ。

 

flower という単語はどんな英語絵辞典にもありますが、

色々な花の名前を載せたものはあまりありません。

 

でもこの英語絵辞典には、お花の単語のページがあり、そこに

あじさい」がありました。

 

英語で紫陽花は、


hydrangea です。

 

デイジーとか、チューリップなどの花の名前は、耳にする機会がありますが、

hydrrangea は初めての方が多いのではないでしょうか。

 

でも、


tulip だと簡単で、

hydrangea だと難しい、ということはありませんよね。

 

純粋に、小学生が目にするものの英単語が載っているので、子ども達も、すんなりと受け入れられると思います。


それと、別のページには、「イモリ」も載っていました^-^。

小学校のグランドの脇の雑草あたりから、でてきそうですよね。

 

頻度が高い、とか、英検に出る出ない、とか、そういうのを関係なしに、目にするものをそのまま英語辞典にしているところが、素敵です。

 

 

 他に、このブログで紹介している絵辞典は、この2冊。

 

こちらは、音声がないので、おうちの方が英語が少しできる場合がよいでしょう👇。

www.english4kids.jp

 

 こちらにも「もやし」の英単語が出ていて、とても嬉しくなったのですが、分厚くて扱いにくそうです👇。

www.english4kids.jp

 

 

カード型もあります。3種類👇。こんなにあると、あとは、好みですね。

www.english4kids.jp

 

www.english4kids.jp

 

www.english4kids.jp

 

英検向け。

www.english4kids.jp

 

 

最後に、こちら↓。

 

特に、バイリンガル教育にご興味のあるかたはこちらです↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。

 

気軽に親子で楽しむなら、こちら↓。我が家はこちらを受講していました。

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」(こちらから↑、資料請求、お問い合わせができます。)

 

 関連記事はこちらです↓。

www.english4kids.jp