元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語教育・雑誌】プレジデントムック プレジデントFamily 「英語子育て大百科」2015完全保存版。保存版なので保存しておきました。

 本の整理をしていたら、これが出てきて読み返しました↓。

 

(アマゾンのリンク↓)

英語子育て大百科 2015 完全保存版 (プレジデントムック)
 

 

楽天ご利用の方はこちらから↓。)

 

 

小学校や英会話スクールの宣伝が主なので、このブログの主旨とは少しずれますが、気に入った記事がいくつかあるのでまだ手元にあります。

 

(その記事とは、ケント・モリさんの記事。私、ダンサーのケント・モリが大好きなんです!)

 

 

このころは、

 

東京五輪開催の2020(平成32)年に向けて小学校で英語を教科に格上げし、、、」

 

とか

 

「グローバル社会を生き抜く力を養う、小学校からの英語教育!」

 

なんて書いてありました。

 

 

がんばっていたんですねー、東京五輪に向けて...。

 

まさかコロナで延期とは予想だにしていない時でした。

 

 

さて、小学校における英語教育に取り組んでいる先進5校の特集は、

 

題して「選ばれる私学」

 

成蹊小学校(東京)

玉川学園小学部(東京)

帝京大学小学校(東京)

さとえ学園小学校(埼玉)

沖縄アミークスインターナショナル小学校(沖縄)

 

の5校です。

 

私立だから、お受験してからはいるんでしょうね。

 

関東と沖縄だけ...。

 

 

 

それぞれの学校の英語教育の特徴が書いてあります。

 

どこも、一回一回の授業に先生たちの創意工夫があるようですね。

 

わらべ歌を使った授業でも、子ども達は恥ずかしがらず、楽しそうです。

 

 

あとは、英語教育に定評のある中高一貫校も三つ特集されてました。

 

渋谷教育学園渋谷中学高等学校

大阪薫英女学院中学校・高等学校

八雲学園中学校・高等学校

 

です。

 

こちらも授業に創意工夫がなされていて、良さそうです。

 

 

それは置いといて、

 

私がこの雑誌の中で注目したのは、

 

子供のタイプ別アプローチです。

 

〇引っ込み思案な子には

カードゲームや電子辞書。男子には笑える本

〇本を読まない子

アート+科学+物語の要素が入ったビジュアルブックがおすすめ

〇海外に興味がない子

スーパーの原産国表示、駅の看板、身近な外国を探そう

〇親も英語が苦手な子

親の声かけを変えるだけで、心の壁を壊せる

 

英語教育に関わる先生達が、教材ややり方を紹介しています。

 

色々おうち英語のためのヒントがつかめそうです。

 

 

が!

 

とはいうのもの、、、、

 

親がおうちで子供に英語を学習させるのは、色々負担が多いですよね。

 

学校が休校になり、特に小学生の親御さんたちは、学習課題をやらせるのに、それはそれは多変ご苦労されたと思います。

 

そこにさらに自宅で英語かよ!となると、

 

もう考えるのもイヤ~(;^_^A、ではないですか???

 

そんなときは、英語なんてやらなくていいんじゃないかと個人的に思っています。

 

緊急事態のときは、疲れない、ストレス溜めない、のが一番です。

 

 

 

ところで、

 

私の娘の場合は

 

「海外に興味がない」

「引っ込み思案、、、ではないけれど、大勢で何かをする場所がキライ」

 

でも、

 

本好き、ごっこ好き、ストーリー好き、だったので、

 

小学校低学年までは、

簡単な英語絵本を一緒に読む

テレビ、DVDを見る

なんとなく英語のCD流しとく

 

小学校中学年では、

チャレンジイングリッシュ(ストーリーを気に入っていました)

 

ということをしました。

 

10才過ぎたら、英語が好きならなんらかの形で続ければいいし、

 

興味ないなら、やらなくてよし。

 

本人が好きでもないのを強制されると、後々やらなくなるでしょうから。

 

というのが私の個人的意見です。

(だから英語の勉強はあとは自分でやってねぇ~(@^^)/~~~。あはは~)

 

 

ただ!英語が聞き取れる耳を育てるのは、10歳くらいまでに、やっておいたほうが良いので、

 

聞き流しのCDとか➡カテゴリーの「パルキッズ」ご覧ください。

英語の歌とか➡カテゴリーの「英語の歌、チャンツ」のあたりをご覧ください。

 

お子さんにお耳に、とりあえず、英語を聞かせとく、英語をいれとく、ということだけは、やっておいた方がよいと思います。