元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語絵本・多読・時間】「My First Book of Time」で、英語で時間の言い方を学び、その時間帯にすることも英語で読みます。

皆様、休校中いかがお過ごしでしょうか、、、、(^-^;。

 

今回の英語絵本は、 こちらです👇。

My First Book of Time

My First Book of Time

  • 作者:Patilla, Peter
  • 発売日: 1998/03/26
  • メディア: ペーパーバック
 

 

1998年発売!古い本です。

 

ペーパーバックなら中古で1000円以内ありました。

 

まだ地球上で販売されてる!って少しうれしかったのですが、

 

他のMy First シリーズの本は、中古でも気軽に買えるお値段ではありませんでした(^^;)...。(値段、在庫などは、この記事更新時のものです。)

 

 【対象】

1ページ最大で6語までの、英語絵本初心者向け。

幼児から大人まで。

 

【内容】

 

左のページに時間、

f:id:bluedaisyday:20200519101911j:plain

右のページに、その時間帯の活動、

f:id:bluedaisyday:20200519101939j:plain

 

が絵と英語で書かれています。

 

例えば、朝ごはんの時間は、

 

time to have breakfast

 

です。

 

13種類の、時間+活動セットがあります。

 

 

 

【気に入っているところ】

 

①to 不定詞に慣れることができる

 

time to have breakfast 

 

には、to-不定詞が含まれています。中学3年で習う文法ですね(^^;)

 

お馴染みの、名詞的用法、副詞的用法、形容詞的用法という3つの用法のうちの

 

形容詞的用法です。

 

 

 

 

time

 

え?どういうtime?

 

to have breakfast

 

朝ごはん食べる(時間)というように、

 

先にtime と言っといて、後でその time について説明する、という順序です。

 

 

time / to have breakfast

時間/朝ごはん食べる

 

少しずつこういうふうに英文に慣れておくと、

中学で文法説明を聞いた時に、

あー、あれのことか、と思えると理想的だと思います。

 

②読みにくい単語を形で覚えられる

 

たとえば、

 

breakfast は、ea を、エと読むし、

 

learn も レーンと読みたくなるけどラーンだし、

 

play の ay は、エイと読むし

 

lunch は、アと読む u もあるし、チと読む ch もあるし、

 

tidy も、アイとよむ i だし、

 

なかなか手ごわい英単語が出てきますので、

 

こういうのは、理屈ではなく、

 

play ←こういう形は「プレーィ」と読むし、

 

kitchen ←こういう形は「キッチン」と読む、

 

と、目で見ておくだけで、形で認識する練習になります。

 

形に慣れることで、パッと見て分かるようになりやすいです。

 

③イラストがかわいい!

 

生き生きとした子どもの動きが描かれています^-^。

 

 

 

【注意点】

CDはないので、英語の発音をチェックしたいときは、

 

例えば、tidy だったら、

 

tidy 発音

 

と入力して検索してでてきたページで確認します。

 

よく、このページ👇が表示されます。

Fovo 発音カテゴリ:人気順による一覧表示 ( dict_uk から svenska substantiv へ)

 

 

 

ところで、

 

ついでに、文法に関連する教材を一冊載せておきます。

 

文法ごとに、英語のチャンツをつくった、レアな教材はこちらです👇

 

こちら、アマゾンのリンクです。(楽天には、今確認したら、ありませんでした。)

CHANTS for Grammar テキスト&CD

CHANTS for Grammar テキスト&CD

  • 作者:幹子, 中本
  • 発売日: 2011/01/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

bluedaisyday.hatenablog.com

 

最後に、

 

バイリンガル教育にご興味のあるかた向けの記事です。

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。

 

親子で楽しむなら、こちら↓。

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」(こちらから↑、資料請求、お問い合わせができます。)