元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【中学英語・英単語】中学の英語の教科書の英単語数。6種類すべての教科書を合わせると、3,165語。英単語の覚え方。英単語集。

 

ここのページ👇をスクロールして、「その他の資料」→「中学で学ぶ英単語Excel

 

を開くと、中学英語教科書6種類で使われる英単語の表があります。

www.kairyudo.co.jp

 

この表によると、

 

6種類すべての英語の教科書にでてくる単語数の総数は、

 

3,165語

 

ですが、

 

各教科書ごとに、使用している英単語は違います。

 

2種類以上の教科書に使用されている英単語数は、約1,650だそうです。

 

この数、多いと思いますか?

 

こちらの別ブログで比較していますので、ご参考にしてください👇。

challeday.hatenadiary.jp

 

母国語である日本語でみてみると、

 

日本語の語彙数900語で、だいたい3歳くらい、

 

日本語語彙数1,500語だと、4歳くらいの語彙数になります。

 

母国語ですから、四六時中聞いたりしゃべったりしている、という環境と比べると、

 

全く使わない英単語の覚え方って、

 

全然違うと思いますが^^;、

 

人工的に環境を作っていくと良いと思います。

 

それで、私が自分なりに工夫してきた英単語学習法です👇

 

 

単語の覚え方は、こちらです↓

雑学的に知っておくと、「あ!おもしろい!」って思えるかも👇。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 私はこのやりかたで👇(今もですが)、高校の時、1日150くらいの英単語を覚えました。今でもそのシーンを覚えています。若かったなあ。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

最後に、どーしても記憶からスルッと抜けてしまう英単語は、メモに書いて、トイレとか、洗面所とか、一日に必ず一回行くところに貼っていました。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

こちら(↓)も覗いてみてください。バイリンガル教育なら、これです👇。

bluedaisyday.hatenablog.com