元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【フォニックス】これ一冊で網羅できるフォニックス教材「フォニックス65のルールで聴ける、言える、読める、書けるActive Phonics」CDもあり。

どうしてもフォニックスをしたい方のために、2種類だけ紹介しますー。

 

2001年出版ですが、これ一冊フォニックス内容がまとまっています👇。

 

中見もフルカラー。カラフルな教材です。絵もほんわかしています。字は小さめなので、小学校高学年向けです。

Active Phonics テキスト

Active Phonics テキスト

  • 作者:松香 洋子,宮 清子
  • 出版社/メーカー: mpi
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 このくらいの文字の大きさです👇。

f:id:bluedaisyday:20200419202235j:plain

 

こちらがCDです👇。安くはないけれど、中古あります(この記事更新時)。

Active Phonics CD

Active Phonics CD

  • 作者:松香 洋子
  • 出版社/メーカー: mpi
  • 発売日: 2002/02/01
  • メディア: CD
 

 

楽天では、テキストとCDのセット売りでした。(記事更新時)

 

 

 

フォニックス教材はいろんな出版社から出ているようですが

 

色々立ち読みしてみると、

 

1冊にまとめず、2,3冊のシリーズになっていたりするものが多いかなと

 

思いました。

 

今回取り上げた「Active Phonics」だと、1冊で済みます。

 

 

【対象年齢】

 

字が小さめで、情報量も多いので、小学校高学年からが良いかと思います。

 

 

 

ちなみに、より小さいお子さん向けのフォニックス教材も載せました。

 

こちらは、シリーズもので、小さいお子さん用です👇。

 

個人差あるので、始める時期は人それぞれですが、だいたい小学4年生くらいまでなら使えそうです。ちょっと子どもっぽいので...。(アマゾンと楽天のリンクを貼りました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このシリーズだと、こちらもおすすめです。

 

👇はじめてのフォニックスと、最初にかいてありますが、

言葉遊びです。詳細はこちらから👇。

 

 

 

そして、こちらにも👇はじめてのフォニックスと書いてありますが、これも、フォニックスというよりは、遊び歌のようなものです。

 

 

以上4冊シリーズですが、

 

 最後の1冊についてだけ、過去記事があります👇。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

 

 

よく読まれている記事2つです👇。その他教材をまとめてあります。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

bluedaisyday.hatenablog.com

 

こちら(↓)も覗いてみてください。バイリンガル教育なら、これです👇。

bluedaisyday.hatenablog.com