元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語教育】日本人が英語が苦手なワケがない!日本人は英語が苦手って言ってるのは、誰なんすかね? 私の勝手な持論。

安上がりな英語学習、HNKラジオ実践ビジネス英語を聞いていた時の事。

 

外国人講師のヘザーさんが、日本語について、こんなことを言っていました。

 

「the three alphabets

 

3っつのアルファベット?

 

そうか!

 

漢字、ひらがな、カタカナの3つのことです。

 

ヘザーさんは、日本語が3つのアルファベットを使用するのでとても難しい旨のことを言っていました。

 

さて、

 

私たち日本人は、いとも容易に、フツーに、漢字、ひらがな、カタカナを使って文章を書いていますが、

 

外国人からかみると、これがスゴ技に思えるようで、

 

厚切りジェイソンさんも、一、二、三、の次は、どうしてこう(横棒4本^^;)じゃないのか?といったそうです。

 

逆に、なるほどね!って、関心しちゃいました!

(6,7歳から漢字を覚える日本人に、この発想はない。)

 

 

こんなスゴ技を持っている日本人にとって、

 

英語の読み書きは、正直言って、

 

めちゃくちゃ簡単だーーー!

 

と、

 

外国人に日本語を教えていたとき、感じました。

 

 

 

アルファベットなんて、大文字だけで26個、小文字いれても52個。

 

あとは、アルファベットの組み合わせ。

 

それも、そんなに法則(フォニックス)が沢山あるわけでもなく、

 

法則に当てはまらない例外単語(サイトワード)もそんなにあるわけでもないし。

 

 

12歳の時点で、1026個の漢字を覚え、ひらがなカタカナと3種類の文字を、さほど意識することもなく操ることができるようになっている日本人にとって、

 

英語なんて、日本語に比べたらチョー楽勝ーーー

 

 

 

しかも、日本語の動詞変化もはなはだしい!

 

英語の場合は、現在形、過去形、過去分詞形の3つの形しかありません。

 

あとは、単語をブロックみたいに並べていけばいいのですから。

 

 

でも、日本語だと、動詞が、色々変化します。

 

例えば「飲む」という動詞は、


「飲まない」(否定)

「飲んだ」(過去)

「飲んでいる」(進行)

「飲める」(可能)

「飲ませる」(使役)、

「飲まれる」(受身)、

「飲むだろう」(推量)、

「飲もう」(意志)

 

と、さまざまに変化します。

 

おい!動詞!

 

語形変化やめて!

 

ストップ!

 

変化するのやめなさい!って、

 

私が外国人だったら、日本語の動詞に対して、そう言う思うと思います^^;。

 

 

それに、漢字の読みには、訓読みと音読みもあり、

 

どういうときにどっちを使うかって、外国人だったら、もう頭の中ぐっちゃぐちゃ!じゃないですか。

 

日本語を外国人に教えていたことがあり、

 

その時期だけ、教えるために日本語の文法を調べれば調べるほど、

 

なんて複雑なんだと仰天し、

 

と、同時に、英語ってなんて単純な言語なんだ!って思ったものです。

 

英語と他の言語も比べてみると、、、

 

学生のとき、授業料払ってるから、できるだけ単位を取らなくっちゃ!みたいな観念にかられ、

 

フランス語中国語も履修しましたが、

 

フランス語は、

「船」は女性名詞だから、la という冠詞がつき、

 「本」は男性名詞だから、le という冠詞がついて、、、、って、、、、

 

はあ?ちょっとー、名詞のくせに贅沢いわないでよ!^^;

 

もともとモチベーションがなかったので、かじって終わりにしましたが、

 

フランス語に比べると、もしかして、英語って、簡単じゃね?と思い、

 

中国語に関しても、

 

まー、まー、まー、まー、、、って、

 

同じ「まー」でも、アクセント、イントネーションで4つ全部意味違うし。

 

発音がメチャクチャ難しいし種類が多いし、

 

広い大陸だから、地方によって全然違うし、、、。

 

英語って、中国語に比べると、簡単じゃね?

 

この時点で、ギブアップ。さらにモチベーションなしで始めたため、無難に単位をとって両言語とも終了にしました。さようなら~~~。

 

 

さて、英語に戻りましょう。

 

英語を聞きとる能力にしても(バイリンガル教育でない場合は)、

 

10歳までに、沢山英語をランダムに聞かせておけば、読み書きをそんなに教えなくてもいい、

 

10歳過ぎたころから論理脳に切り替われば、自然と読み書きのほうに興味をもちはじめ、

 

むしろ英語を聞いたり話したりというほうを、はずかしがるようになる傾向があります。

 

ですので、

 

10歳までに、英語を聞くよりも多く、文法を教えたり、読み書きを教えるのは、

 

効率が悪いと思います。

 

10歳まではガンガン英語を聞かせまくり、チャンツさせまくり、

10歳からはガンガン単語暗記、文暗記、文章読ませる、文章書かせる、

 

とうのが持論です。

 

 

 

ですので、お子さんには、

 

「こんなに沢山漢字が書けて、ひらがな、カタカナも使い分けができる日本人には、

 

英語なんて、楽勝だぜー!!」

 

と言ってあげてください。

 

(あとは、よいカリキュラムがあるか、ないかの違いです。でもそこが問題ですよねー。)

 

 今回は、乱暴に「日本人が英語が苦手なワケがない」持論をふりかざしてみました。

 

 こちらも私個人からのおススメ教材です↓。年齢に合わせた英語の取り入れ方は大事です。

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

 こちらには、英語の通信教育、英語の歌、CD, DVDなどジャンル別で、色々教材などを紹介しています👇。

bluedaisyday.hatenablog.com