元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語絵本・幼児向け】「Do frogs fly?」一般動詞の疑問文は、主語が複数形のときは、Doを使う。英語で動物と動詞が学べる

 こちらです↓。

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑)

 

 

【対象】

知的レベルは1歳~3歳くらい、

使いようによっては、英語レベルは、中学生まで使えそう

 

【この絵本の特徴】

 

繰り返し「Do...?」と問いかけます。

 

例えば、、、

「Do crocodiles climb?」と聞きます。(左のページ)

(それは、ない!)

f:id:bluedaisyday:20191209085552j:plain

 

右ページで、「No,but」と続き、

 

しかけをめくると、「climb」する動物がでてきて、この場合は猫。

f:id:bluedaisyday:20191209085427j:plain

 

 さらに、小さいほうの仕掛けをめくると、鳴き声など、さらにまけがでてきます。

f:id:bluedaisyday:20191209085511j:plain

 

写真でテカっていることからも分かるように↑、

 

つるつるした丈夫な紙で、しかも破りづらいと思います。

(それでも赤ちゃんは破るであろう...)

 

 【解説】

 

「カエルは空を飛びますか?」という文を

 

すぐに英語で言える中学生は、どれほどいるのかな、といつか実験してみたいと思ってしまった英語絵本です。

 

母国語が英語だったら、絵本、アニメ、日常会話で、

「主語が複数形の時は、does ではなく、doを使う」というのを

自然に習得していけますが、

 

外国語として英語を学習している場合、すぐには「カエルは飛びますか?」をすぐに英語にできない、というのが現状ではないでしょうか。

 

中学になってから英文法を学ぶとき、

さいころに読んだこの絵本を思い出し、

「あ、そうか、この do って、Do frogs fly? の do かー。」と気づいたら

より英文法が、親しみやすく思えるかもしれません。

 

 

あと、なかなか日本の教材にはでてこない動物も描いてありましたので、面白かったです。

 

小さいお子さんと一緒に読んでみてはいかがでしょう?

 

(更新時で、アマゾン以外の出品者からの購入になっています。)

 

最後に

 

バイリンガル教育をしたい方は、こちら(↓)も覗いてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com