元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

再掲載【英語絵本・英検4級程度】Rain Rain Rivers 雨の日にぴったりの英語絵本。ユリー・シュルヴィッツ作

(少し修正後再掲載しました。)

 

雨の日にふさわしい、絵本とチャンツを紹介します。

ユリー・シュルヴィッツさんの絵本(↓)です。

これが、初版のものらしいですが、現在は、、、、

Rain Rain Rivers (Rise and Shine)

Rain Rain Rivers (Rise and Shine)

 

 

このような表紙になっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RAIN RAIN RIVERS(P) [ URI SHULEVITZ ]
価格:1039円(税込、送料無料) (2022/5/13時点)

楽天で購入

 

 

表紙が変わっただけなら良いのですが、なんと、英単語が一か所、違っています。

 

もともと「croaking 」のところが、

 

新しい表紙のペーパーバックの本ですと、「singing」 に変わってしまっています。

 

アメリカの出版社の問い合わせ先を調べ、メールで問い合わせをしましたが、

 

「問い合わせのメールが多すぎて、返信できかねます。」の自動返信が即効返信されてきました。

 

日本語の歌では「かえるのうたが、きこえてくるよ」という歌詞がありますが、イマイチ「ゲロゲロ」が、「歌」には聴こえかねると思いまして、

 

やはり、singing ではなく、croaking だろうと、絵本を見るたび思うのですが、もう印刷されているので、仕方ありません。

 

作者のユーリシュルヴィッツさんについてはこちらに書いてありました。

ユリー・シュルヴィッツ

日本語のウィキペディアでは見つけられなかったので、英語版載せました👇。

Uri Shulevitz - Wikipedia

なんとまあ、現在、87歳でいらっしゃいます。ご本人は、croaking ➡ singing に変わってしまったことを、ご存知なのでしょうか、、、。

 

さて、この絵本についてですが、

 

最初から最後まで、表紙のような青緑の色調の絵が続きます。

 

話の流れも、型にはまっておらず、不思議な進行になっていると思います。

 

短くて、静かな文章。

 

でも、それぞれの場面で、違う雨の音が聞こえてきそうです。

 

ページをめくっていって、海の場面を開いた時が、一番感動しました。

 

 中盤で、英検にでないような日常単語がでてきます。

 

 

次は、「雨」に関するチャンツの教材。以前紹介したこちらの CD に入っていますが、、、現在(2022年5月13日)、カセットテープが1点あるのみ。(これからも中古の在庫が出てきて欲しい!と思います。)

Jazz Chants Old And New

Jazz Chants Old And New

 

楽天では残念ながら見つけれらませんでした。)

 

雨の日の気持ちを表すような、ちょっと静かで、けだるくて、落ち着いたチャンツです。2人以上でやると、掛け合いができて、さらにさらにおもしろい!チャンツの魅力を楽しめます。

 

テキストを持っていないので、聞き取って一部書き出してみました(↓)

 

 It was rainig, raining, raining, hard.

It was falling on my head.

It was falling on the stars.

It was falling on the sun.

It was falling on my shoes.

 

I got soaking wet.

But I stayed outside.

 

The rain was sweet.

The rain was warm.

The rain was soft.

 

It reminded me of home.

 

そして、この後が! 2人の掛け合いになっていて、とっても美しく不思議なチャンツになっています!

 

おうちでお子さんと、

 

または、授業でも、英語サークルでも、英語の部活(あるかな?!)にも使えそうです。

 

チャンツはメロディーがないので、子供っぽさは、歌よりは少ないので、

幼稚なことに抵抗を感じ始める小学校高学年以上に、合っていると思います。

もちろん、大人の英語の筋トレにもおすすめです。

 

以上です。

 

こどもちゃれんじEnglishはこちらから👇。

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

 チャレンジイングリッシュはこちらから👇