元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

EFLとESLの違い。2020年度から英語教育が始まるけれど、時間数は足りないと思う。家庭でできる英語教育、英語教材を紹介。

 

EFLとESLの違い

 

自宅で英語の学習をする場合、教材はありますが、

 

「コーチ」または「指導者」がいません。

 

その代わりをするのは、おうちの方です。

 

おうちの方が、英語そのものができなくてもよいし、一緒にがんばるね、という姿勢であれば全然問題ないです。

 

ただ、コーチ、または、見守り役として、少し「英語学習」について知っておいたほうが良いと思うので、それについて書きます。

 

今回は、「EFL」と「ESL」の違いです。

 

私たちが日本で受ける英語教育は、

 

「EFL」(English as a Foreign Language)で、あくまでも、自国では使わない、「外国語」として、英語を勉強します。

 

日本で、英語ができないと、生活できないし就職もできない、なんてことにはならないので、小学生くらいまでの場合は、大体の場合、毎日10分ちょっと英語を練習するとか、お稽古事として、週一で英会話教室に通う程度になります。

 

これに対し、

 

「ESL」(English as a Second Language)は、生活するうえで使う、「二番目の言語」としての英語です。

 

米国や英国に住む外国人は、英語ができないと、生活、就学、就職など、あらゆる面で大変困るので、ちょっとできる程度では生きていけません。英語で生活するので、英語を使う時間も、日本で勉強するのとは、ケタが違います。

 

どのくらい違うかというと、

 

日本で英語を外国語として学ぶとして(EFL)、

 

週に1回、英会話教室で50分の英会話の授業、さらに自宅学習15分を3回とすると、

 

50分×48週(だいたいお教室は年関数このくらい)+15分×3×52週=79時間(年間)

 

一方、

 

英語圏の国で、英語を第二言語として学習したり、授業や職場で使ったりするのを、少なく見積もって、平日1日4時間英語を使うとして

 

4時間×5日×52週=1040時間(年間)

 

 

ケタが違います!(少なく見積もって)

 

ということで、

 

私たちが、日本国内でやっている、英語の絵本の読み聞かせとか、うちのこどもがやってるチャレンジイングリッシュで毎日10分の通信教育とか、英会話教室とかは、EFL、つまり、「外国語」としての英語の学習であり、

 

しゃべれるように、使えるように、ぺらぺらになるようになる学習量ではありません。

 

(自宅で英語で生活するような、バイリンガル教育をしている場合は、別です。)

 

ですので、年間100時間も英語を学習していないお子さんが、少しでも英語が言えた、文章が言えた、単語が分かった、という場合は、これはすごいこと!!

 

おおげさに、沢山、おうちの方の素敵なニッコリ笑顔で、褒めてあげてください。

 

けして、「これ、英語でなんっていうんだっけ?え?忘れた?昨日やったじゃん。」とか、「まだこんな簡単な単語読めない?」とか、ネガティブな反応はしないようにしましょう。確実に英語嫌いになります。それに、英語が苦手になります。

 

EFLと、ESLの違いを知ることで、

 

こんなに(毎日10分、英会話教室に週一回)英語やらせてるのに、英語が出来ない、と心配する必要がなくなりますね。

 

好きこそものの上手なれ。好きになったら、もっとできるようになりたい!と思うはずです。

 

定期的に英語が楽しめる、英語の自宅学習教材

 

 ★ディズニーの英語システム(0歳~10歳?くらいまで)

バイリンガル目指しているご家庭向け。自宅英語教材としては、最高額!! しかし、うまくつかえばバイリンガルになれる。(親戚で使っている子がいました!のちにオーストラリアに留学しました。私の英語教室の元上司も、子どもにはこれを買ってあげてました^^;。)

 

 

★パルキッズ(0歳~12歳)

パルキッズも、バイリンガル目指しているご家庭向け。七田系列の英語教材です。高度な英語の読み書きを身に着ける子が沢山いるようです。「どんな子でもバイリンガル」という本が、パルキッズを知るうえで大事な本です。

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

 

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

 こちらに詳しく書きました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

★こどもちゃれんじEnglish(1歳~6歳)

こちらは、バイリンガル育児ほどはいかないけれども、英語は得意にしてあげたいご家庭向け。ヤ〇ハ英語教室のように、歌ったり、ゲームをしたりして、英語を楽しみながら吸収させていくもので、我が家でも、チャレンジイングリッシュをする前は、こどもちゃれんじEnglish を使っていました。いまでもDVD,CD持っています。ゲームも、紙媒体なのに、使えて面白かったですよ!

しかも!あの最強の英語教材コンビ、ベネッセ×仲田利津子先生の組み合わせ。

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」(こちらから↑、資料請求、お問い合わせができます。)

 

★チャレンジイングリッシュ(小学生以上)

こちらもバイリンガルになりたい人向けではないですが、英語が得意にはなれる、チャレンジイングリッシュ(我が家は小3~小5までこれで学習しました。)

challeday.hatenadiary.jp

 

 

のいずれかがおススメです。

 

どれも、小学生までの教材ですね。

 

小学生まで(できれば小4まで)のうちに、英語学習のうちで、一番やっておかなくてはいけないのは、

 

英語のを、歌やゲームやお話で、聞かせることと、

 

歌ったりチャンツをいったりすることで、口にだして真似して言う

この2点かと思います。

 

英語のほかに、お子さんがやりたいこと、親がやらせてあげたいこと、沢山あると思います。

 

なかなか英語に時間はとれないし、今のところそんなに取りたくない場合は、「聞かせること」を最優先にして、英語をしゃべりはじめるかどうかは、気にしない!が、いいと思います。うちは、結構その線でやっています。

 

 サブで使える、単品の英語教材

 

 お子さんが産まれたら、すぐに英語学習を始めることを、個人的にはおススメします。

外国語の音が聞き取れるのは、遅くても中学1年生くらいまで。私はギリギリ中一から、沢山英語を聞いたり音読して、独学を始めたので、得意になりました。

 

小さいお子さんは、英語を聞くことを中心に、生活の中で、英語の歌や踊りなど、ネイティブの子達がやっているのと同じように、とりいれるとよいでしょう。

 

1、押すと、英語が聞ける英語教材

 

 ★カシオ キッズワード(小学2,3年くらまで?)

カシオ キッズワード KW-A1 デジタル知育ツール

カシオ キッズワード KW-A1 デジタル知育ツール

 

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

 こちらに詳しく立ち読み?レポート書きました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

★しまじろうのえいごのうた(幼児期)

しまじろうの えいごの うた English Songs (しまじろうの歌えほん)

しまじろうの えいごの うた English Songs (しまじろうの歌えほん)

 

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

 こちらに詳しく書きました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

★だいすきえいごのおうたえほん(幼児期)

だいすきえいごのおうたえほん (たまひよおうた絵本)

だいすきえいごのおうたえほん (たまひよおうた絵本)

 

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

 こちらに詳しく書きました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 ★はじめてのえいかいわえほん(幼児期)

はじめてのえいかいわえほん ([バラエティ])

はじめてのえいかいわえほん ([バラエティ])

 

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

こちらは↑、まだ詳しく見てはいないのですが、ベネッセコーポレーション出版であり、監修が、仲田利津子先生がされているので、この最強コンビにはずれの教材はない、と個人的に思います。

 

 

 2、英語のDVDを見ながら、軽く身体を動かしながらきくのもいいです

 

発話、つまり英語を話し始めるのには時間がかかる、個人差がある、ので、あせらず、とにかくたっぷり聞かせることが大事です。

 ★スーパーシンプルソングス(乳幼児期)

スーパー シンプル ソングス ビデオコレクション 1 DVD 子ども 英語

スーパー シンプル ソングス ビデオコレクション 1 DVD 子ども 英語

 

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

 こちらに詳しく書きました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 ★英会話たいそう(3,4歳くらいから小学生まで)

あちこちの小学校の英語の授業で採用されています。

英会話たいそう Dansinglish DVD

英会話たいそう Dansinglish DVD

 

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

 こちらに詳しく書きました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

3、見て楽しむ英語のお話

 

我が家では、子どもと、この3つの英語のお話を楽しんでみていました。

 

 ★Oswald(幼児期)

声優さんが、かっこいい!(タコなのに。)とっても可愛いストーリーがいっぱい。音も映像もガチャガチャうるさくないし、ほんわかしているし、安心して見せられました。

Oswald [DVD]

Oswald [DVD]

 

 

 ★Pepper Pig

イギリス英語ですが、これも、声優さんの声が素敵です!これも、安心して見せられる内容です。子どもが食いつきます。

 ストーリーは色々あるんですよ~。

 

 

★Numberjacks

これもハマりました。これのyoutube をパソコンで見てました。

ナンバージャックスたちの基地は、なんとリビングのソファーの中!指令をうけて、ソファーから飛び出してくるのですが、そこがまた大げさな出発の仕方でかなり笑えます^0^。DVD↓は、今の時点で中古しかなく(2019年11月)...、

 アプリがおおいですね。色々なストーリーがあります。

Numberjacks - Addition Facts up to 10

Numberjacks - Addition Facts up to 10

 

 

これらのお話の英語は、私自身が、家事の合間などに、家で聞き流しに使いたいくらい、きれいな英語、素敵な声です^^。

 

4、CDかけ流し

 

上記でも紹介しましたが、これをまずお試しになるとよいかと思います。

中古が、すごく安く手に入ります!(2019年現在でも!)

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

 

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

 こちらに、我が子の体験、書きました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

4、チャンツ英語絵本

 

 ★I like coffee, I like tea(幼児から中学生くらいまで)

家でよく流していたCDです↓。これ、私のイチオシです。

I like coffee,I like tea [CD付] (通じる英語はリズムから)

I like coffee,I like tea [CD付] (通じる英語はリズムから)

 

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

 こちらに詳しく書きました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

★Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?(幼児期)

娘が最初に一人で言えるようになったお話です。

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? 英語絵本とmpiオリジナルCD付

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? 英語絵本とmpiオリジナルCD付

 

 

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

 音読は大事です

 

 何歳になっても、英語は音読して練習しましょう。私も、ほぼ毎日、音読練習して、英語の耳、英語を話すときの筋肉、単語、文章、などを同時に学習しています。

 

bluedaisyday.hatenablog.com

 

何か一つ、ご興味あるものから、初めて見てはいかがでしょうか?

 

そこから、色々付け加えていくとよいと思います。

 

英語教材は一つだけではなくて、複数組み合わせるとよいかと思います。

 

小学校高学年前までは、体系的な学習というよりは、色んなやり方で、英語を聞かせる、楽しませる、のが大事だと思っています。

 

 最後に、こちら↓「クリスマス・冬特集」の記事です↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

バイリンガル目指すなら、こちらです↓。