元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

フォニックス

【英語教材】「カードで遊んで英語大好き!!B.B.カード」難波悦子作 と、「勉強嫌いの子どもがときめく魔法の英語学習法B.B.メソッド」」難波悦子著

(今発見してあせりました。 昨日?は、記事の「下書きを更新」のところ、間違って「更新」を押してしまいました。失礼いたしました!!!) こちらです。 カードで遊んで英語大好き!!B.B.カード LETTERS & SOUND 64 作者:難波 悦子 メディア: その他 〇絵…

【youtube・ライミング・幼児向け】身体も動かせるフォニックス練習。おじさんと一緒に運動しながら英語の口慣らし練習。

このおじさん↓、Jack Hartmann さん、すごく頑張ってます! 約3分の動画。スクワットもやります! 使えそうだったら、巣ごもり中、お子さんと一緒に、エクササイズにいかがでしょう? 単語の最後の音が同じだったら、踊り続けて、 違うときは、止まります。 …

【親子で英語ゲーム】アルファベット、英単語、会話文、数字、などなど、色々使えるビンゴ。小学4年生くらいまでなら、家族で楽しめるでしょう。

絵でも、アルファベットでも、単語でも、文章でも使える万能の遊び学習ができます。 【アルファベットの場合】 アルファベットのカードを裏返しにして、 重ねたり、床に広げたりしておいて、 一枚ずつ、おうちの人がめくってもいいし、 お子さんがめくっても…

英語、何から始めればいい?語学は最初は「音」から学習。発音、フォニックス、英語の口の形が学べる、楽しいDVD。大人やり直し英語にも良い。臨時休校中親子でやってみては?

英語のつづりとその発音には、ある程度法則があります。 フォニックスを学習すると、初めて目にする英単語も 読みやすくなります。 フォニックスを日本に広めたのが、松香洋子先生という方です。 フォニックスについての、松香先生の解説がこちら↓で見れます…

【フォニックス】これ一冊で網羅できるフォニックス教材「フォニックス65のルールで聴ける、言える、読める、書けるActive Phonics」CDもあり。

どうしてもフォニックスをしたい方のために、2種類だけ紹介しますー。 2001年出版ですが、これ一冊にフォニックス内容がまとまっています。 中見もフルカラー。カラフルな教材です。絵もほんわかしています。字は小さめなので、小学校高学年向けです。 Acti…

【英語教育本・保護者・英語の先生・指導者の必読書】「ほんとうに頭がよくなる世界最高の子ども英語」斉藤淳 著

こちらです↓。 これまた、派手なタイトルよね、と思って手に取りました。 でも、これはタイトル通り。 日本の英語教育、なにかおかしい...。 本当の勉強って、こうじゃない…。 著者の斎藤淳先生は、そう思っている。 斎藤淳先生は、イェール大学の大学院…

【英語デジタルツール・幼児向け】CASIOのデジタル知育ツール「kids-word」キッズワード。英語の歌30曲、英語絵本、リトルチャロ動画、などコンテンツが充実していた。

お店で、長時間一人で独占してkids-word を店頭でしぶとく試聴してきました^^;。 カシオ キッズワード KW-A1 デジタル知育ツール 出版社/メーカー: CASIO(カシオ) 発売日: 2014/11/13 メディア: オフィス用品 この商品を含むブログを見る (こちらから詳細確…

【英会話教室】英会話スクール、英語教室に行くのであれば、こういうレッスンを受けるとメリットあり。

結論からいいますと、 英会話スクールのグループレッスンのほかに、 または、グループレッスンを受けてなくても、 小学校高学年以上のある時点で、 個人レッスンで 「基本的発音の練習」を 受けると、これからの英語学習にとても良い、と思っています。 講師…

【フォニックス】無料フォニックスコンテンツ「あいうえおフォニックス」で、楽しく、どこでも、誰でも、いつでも 学べる!

ただでフォニックス学習できる、スバラシイ無料サイト見つけました。 しかも、日本で教えているフォニックスより、ずっとシンプルです。 こちらです↓。「あいうえおフォニックス」もうご存知かもしれませんね…。 aiueophonics.com (ここでリンクしている順…

【英語・リーディング】「フォニックス」より「サイトワーズ」が先。サイトワーズの無料リストを載せました。

日本にはフォニックス関連の教材は多いですが、 サイトワーズ関連の教材は、あまり普及してないと思います。 (フォニックス人気は、現在mpi出版の松香先生の影響が大きいかと思っていますが…) 簡単にいうと、 サイトワーズというのは、 よく使う単語だけど…